ニュース

シンガポール海運協会 ブロックチェーンで船舶管理を試行

更新日:

シンガポール海運協会(SSA)、国際商業会議所(ICC)、ブロックチェーン企業のPerlinが、船舶登録と更新手続きのための電子登記簿の作成に共同で取り組んでいます。

 

International E-Registry of Ships(IERS)と呼ばれるこのシステムは、自動実行型スマート契約上で動作し、様々な登録プロセスにおける時間、コスト、エラーの発生を削減するもので、分散型WebAssemblyアプリケーションを記述するためのオープン元帳であるPerlinのWaveletをベースとしています。

 

この構想は、この構想は、現在システム上での登録プロセスをテストしているシンガポール港湾局に受け入れました。もしこのシステムがシンガポールで成功すれば、ICCはIERS標準の世界的な採用に入札することになります。

 

登録、管理、安全面などでブロックチェーンソリューションが強く求められている海上分野での新たなソリューションは成功するのか、今後の進展に期待です。

 

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.