ニュース

中国、国を挙げてスマートシティでのブロックチェーン活用を模索

更新日:

中国では、スマートシティのインフラ整備の一環として、ブロックチェーンを使用し、都市間の接続性とデータ共有を改善することを目指しています。

 

中国はここ数年都市化が進むにつれて、エネルギー問題などの複雑な課題が生じていることから、スマートシティの開発に力を注いできました。

 

スマートシティでは、移動手段シェア、再生可能エネルギー、エネルギー効率の高い建築物、通信システムなどのさまざまな技術を採用し、統合して都市運営の効率化を図っています。このことから、独自のブロックチェーンベースの認証システム導入による都市管理構想にたどり着いたようです。

 

今回の計画では、今後数多く誕生するスマートシティの基盤となるデータ共有の仕組みを整えた形になります。アラブ首長国連邦も7月に「スマートドバイ」構想を発表するなど、今後世界の技術保有国による競争が始まる可能性が高いです。

 

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.