ニュース

赤十字社がブロックチェーンベースの通貨を支持

更新日:

国連に次ぐ世界的な人道援助団体である赤十字社(Red Cross)のノルウェー、デンマーク、ケニア師団は、援助の提供を強化し、地域経済を活性化するためにブロックチェーン方式の通貨制度を支持しています。

 

赤十字社は現在、災害救援や地域経済の活性化を目的とした支援として、現金とバウチャーを年間合計10億ドルほど配布しています。

 

トーマス・ロイター財団の11月26日の報告によると同3師団は、この支援をブロックチェーンベースの「現地通貨」に置き換えるための2年間にわたる計画を開始したとのことです。

 

ケニアとエチオピアの一部ですでに試験的に実施されている新しいブロックチェーン・スキームは、現地のユーザーが仕事や販売、援助で得たクレジットを携帯電話アプリで使えるようにし、ブロックチェーンの台帳に取引を記録することで、貧しいコミュニティ間での取引を改善することがわかっています。

 

このプロジェクトは現在、ケニアの銀行から、彼ら自身のサービスの需要を減らすのではないかと懸念、抵抗を受けていますが、人道支援とビジネスサービスを天秤にかければ、実現は時間の問題であると思われます。

 

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.